Blog

Responsive image

客人の迎い入れ準備

2024/6/20

父親の七回忌法要と母親の四十九日法要を一緒に執り行いことになり、父方、母方双方の親戚一同が会席となる。
気を使ってホテルに泊まるなどと言う親戚もいるが、そうはさせられない。

逗子の家はゲストハウス。
窓を開けて風を通して、廊下、階段、そして各部屋の掃除を行い、布団はレンタルで準備。

食事の賄いは娘たちに任せて準備万端だ。

EXPAND ALL
Responsive image

meeting coffee

2024/6/17

珈琲豆を挽き、沸騰したお湯を注いでドリップする。
今日はフルーティーなモカブレンド、夏にふさわしい豆だ。

経理を担当する女性と珈琲を楽しみながら定額減税処理の打ち合わせ。
減税額を給与明細書に印刷することが義務化になり、書式や計算式を修正したりで面倒なことが多い。

EXPAND ALL

週末土曜日

2024/6/15

時間の経過というか日が過ぎるのを早く感じる。
あっという間に一週間が過ぎていく。

サイトのアクセス解析を見たら、まるで仙台での行動を監視されているような同じスマホからのアクセスログが数多く残っていた。
誰であるかは察しがつくが...。

EXPAND ALL
kouiu

我が家の水族館

2024/6/13

少しは身体も胃袋も休めよう。
母親の葬儀の香典返しの品を選ぶために休暇をとり、四十九日が過ぎたら挨拶状を添えて品物の発送を依頼。

そして水槽を洗い水を取り替えて、自分の身体と心も洗濯。
水槽の中ではメダカやエビが涼し気に泳ぎ回り、出張から戻った自分は連日のように飲み歩き、まるで眠らないマグロのように泳ぎっぱなしであった。

EXPAND ALL
Responsive image

連日の酒

2024/6/12

鎌倉おやじクラブの集まりでは、8月20日の九州の旅が即決で決まり。
しかも鎌倉を始発電車で移動して博多を目指すという気の入れようは尋常ではない。
その日の夜11時のフェリー乗船までに、絶対に体力は残っていないだろうなぁ。
福岡の中州界隈で呑むだろうから、きっとヘロヘロの大変な珍道中になりそうだ。
でも、環境の変化と新しい刺激を求めているのだなぁ。

そして今宵は旧鎌倉えびす役員たちとの酒。
のんびりとした正月を過ごしたと口を揃えて言っていたが、どことなくえびすを離れた寂しさをにじませている感じがした。

老兵は去るものに限るが、いっそのこそ、鎌倉おやじクラブに入れば良いのにな。
責任のない会話に華を咲かせて楽しいぞ。

EXPAND ALL
Responsive image

鎌倉のおやじたちが騒がしい

2024/6/10

出張中に何度も酔っ払いからの電話が入っていた。
自分だけが、あっち行ったりこっち行ったりして楽しんでいるけど、自分たちも楽しめる企画をしろと言われて、鎌倉に戻り早速に企画書作成。
明日の夕方5時にレスポアールに集合して作戦会議。

昨年の晩秋に九州出張の帰路をフェリーで横須賀まで帰ってきたことを思い出し、今回の企画は「鎌倉おやじクラブ真夏の旅行企画」だ。
サブタイトルは「おやじたちの弾丸船旅」だ。

長老にはある程度の内容を話しているので、決行することになるだろうが、またまた小町界隈でおやじたちが夜な夜な飲み歩いて宣伝するだろうから、行くまで騒がしくなる。

しかし、遊ぶ企画となるとエンジンの掛かりが早い。
エンジンの全開も早い。
70代、80代のおやじたちの体力が心配だ。

EXPAND ALL
8 7 6 5 4 3 2 1